Entries

気づきの後に空を見上げる

 一般的には、6月末、あるいは7月に入ると、それまで湛水状態にしていた田んぼから、水が落とされます。田んぼは通常、手前側が用水路となっていて、一枚の田んぼの何カ所かから水を入れます。向こう側は排水路で、そちらにも何カ所か口を作り、水を落とし(排出)ます。

 落水と相前後して、溝切りという作業をします。田んぼが良く乾くように、落水とその後の入水が順調にいくように、その他いくつかの理由で、田んぼに何本もの溝を作るのです。ちょうどこの作業をする頃、田んぼの中や周辺の生きものの変化に気付くことがあります。赤トンボがどんどん減っているのはここ数年のことですが、今年はアマガエルの減少も目立ちました。代かきやその後の田植えの頃、夜のカエルの大合唱は、いつも通りだなと思っていたのでしたが、いざ草刈りなどを始めてみると、あんなにいたカエルがどうして、と思えるほどに激減しているのです。その一方で、ヘビは増えています(たぶん、ですが)。カエルが減ったのと関係があるでしょうか? パクリ。

 ヘビの話はあとでまた書きますが、溝切りの後、ヒタヒタの状態から無水になります。かろうじて溝や足跡のくぼみに残った水も、好天が続くことによって、土の割れ目から浸透したり蒸発したりします。卵から孵ったオタマジャクシが、何とかカエルの形になっていれば、水が無くとも生きながらえますが、間に合わなかったものたちは、気の毒なことに死んでしまいます。今年は溝切りの前にまとまった雨が降り、用水路がいっぱいになったことがありました、その時にまぎれこんでいたのでしょうか。作業の最中に、小鮒を何匹か目にしました。これらも田んぼの中の水が少なくなったことで死んでいました。そんな中で、たまたま凡夫の目に留まったのが2匹。急いですくい上げて家まで走り、苦しそうに口をパクパクしているのをバケツに入れました。透明なバケツではなかったので、うれしそうな横顔を見ることはできませんでしたが(笑)、そのなかをゆっくり泳いでいる姿を上から見るのは、心和むことでした。一匹は鮒で、もう一匹は鯉。たばこの長さくらいもない、小さなかわいい2匹でした。

  一面真っ平に見える田んぼも、一枚の田んぼの中では、数cmの高低差があるのが普通です。当然のことながら高いところから早く水が無くなり、極端な話、わずか数十cmの場所の違いで生と死が混在しているのですが、やがては低いところも、小魚やオタマジャクシが生きながらえるには無理なほどの状況になります。そのことに、生きものたちは気付いているのでしょうか?「あはれといふもなかなかおろかなり」です。でも、人間だって似たようなもの。いや、自分だって気付いていません。朝の紅顔が、今は白骨の手前となっているのに(苦笑)。
                                          (お米の便り7月号より抜粋)

 夏至から約一ヶ月が過ぎました。昼が短くなってきていることを、ほとんどの植物たちは感じているはずです。




0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://inekko39.blog94.fc2.com/tb.php/1136-8d1d500f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ゆくっとするなー

Author:ゆくっとするなー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索