Entries

s-IMG_0374.jpg

s-IMG_0375.jpg

s-IMG_0376.jpg

s-IMG_0377.jpg
 上の3枚は、数日前の朝に撮りました。日の出の少し前、雪が少し降っていた時です。
 下の1枚は、今日の夕方です。時刻はそれほど遅くは無かったのですが、すっかり暗くなっていました。歩いて10分少々のところでやっているハウス。イチゴ栽培のようです。冬至のあたりまで、灯りをつけているかもしれません(生育のためにだと思います)。

 夜遅くなって、雪がどんどん降りだしました。明後日にかけて大荒れの予報。雪寄せ、配達、明日は難渋しそうです。いやだなー。これからいよいよ本格的な冬です。
 でも確かなことは、冬が深まらないことには春が来ないってこと(^^;)。








その日

その日が、ベストコンディションでありますように。
成果を十分に発揮できますように!

その日がすんだら、ちょっとひと息つけますように。


12月3日は、いろんな人がいろんな行事他で、ちからを発揮する日。




今年の冬は

 日曜から始まった初雪は、今日になってもおさまらない。午後からは止み間も出てくるという予報だったけど、まだちらほらと落ちてくる。
 今年の初雪はダラダラと長いなー。明日は落ち着きそうだけど、週後半からの予報は、雪マークの連続だ。今年の冬は、長く感じられるかもしれない。
 どんなことも、「過ぎてしまえばあっという間」なのだけど、その最中には、なかなかそう思えない弱さ。

s-IMG_0365.jpg

s-IMG_0368.jpg

s-IMG_0370.jpg

 どんなに雪が降っても、青空の日が多ければ、少しは気がまぎれるのだけど…



先入観

 秋が深まり、思いがけない初雪がいつ降ってもおかしくない時季となった。平地の紅葉も、終盤に入ったと言えそうな雰囲気になっている。柿の木の葉も少しずつ落ち出し、あちこちの家で、たくさんの実が付いたままの柿の木が、晩秋の風景に映えている。

 この辺で植えられている柿は、ほとんどが渋柿だ。通称、庄内柿と言われるもので、焼酎等で渋を抜くと、とても甘い柿になる。冬になる頃には、もしかしたら樹上で渋が抜けるかもしれないが、その頃になると、柿の実はもうどうにか形を保っているというふうで、中身はぐちゃぐちゃの状態である。おいしそうな色のうちは、木に付いたまま甘くなることは無い。

 さまざまな作物を食べたり、つついたりするカラスも、そうしたことが分かっているからだろう。決して食べようとはしない。腐りつつあるものでさえ食い漁るカラスなのに、渋には弱いのかもしれない。だから、カラスの食害を防ぐ対策はする必要が無いし、自家用の柿の木に、そのようなことをしている人を見たことも無い。賢いカラスは、その先入観、あるいは一度の失敗の結果、柿は食べるものだとは思わなくなったのだろう。

 最近は、甘柿を植えている家も出てきた。我家でもそうだ。カラスはやはり、食べようとしない。おととし、わずかにつついた跡があったが、その時は渋かったのか、それきりだった。
 でもちょっとした気まぐれで、あるいは何かの拍子に、気付くかもしれない。そうなったら、もう目も当てられない状態になってしまうことだろう。カラスは遠慮を知らない。

 そんなわけで、細いテグスを張って、カラスが来るのを防いでいる。被害は無いままだ。けれども、欲張りじい様は、せっかく成った実を無駄にしては申し訳ないだろうと、せっせせっせと食べている。食べすぎている。腹を痛くして苦笑いの最中である。


やっと完成

 締め切り間近の掌編(原稿用紙9枚)が、やっとできた。今回も、いつもと似たような感じ。でも、これまでひとつも日の目を見ていないから、そうだとわかるのは自分だけだ(苦笑)。

 2、3日寝かせて最終チェック。8日には忘れずに送ろう。


Appendix

プロフィール

ゆくっとするなー

Author:ゆくっとするなー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索